玄そば全粒粉+抜き実全粒粉・二八。

玄そばの全粒粉と抜き実の全粒粉を半分づつで(田舎そばと二八そばの粉を半分づつ)、小麦粉を2割入れて、二八で打ちました。

粉が粗すぎて十割では打てそうもないので、二八で打ってみました。

打ってるときは、何とか大丈夫そうでした。

しかし茹でてみると、短いそばがかなり多くなってしまいました。

玄挽きのそばが入ると、二八でも結構難しいです。

玄全粒粉+抜き全粒粉、5:5、二八。
玄+抜き、アップ。

見た目は、粗挽きがとてもきれいです。

今まで見たことがない感じのそばになりました。

「手挽き星入りそば」。

味は、かなり美味いです。

玄そばと抜き実の両方の良いところが、そのまま入っている感じです。

玄そばだけの田舎そばだと、見た目はすごいですが、癖が強くて、じゃりじゃりして、食べにくい感じでした。(私は好きです。)

抜き実だけの二八だと、味はおいしいですが、インパクトは少な目で、他のお店でも似たようなそばがありそうです。

このそばは、見た目もきれいですし、味もかなり美味しくなりました。

のど越しが良いそばではないですが、玄そばのじゃりじゃりが少なくなり、食べやすくなって、食感もいいです。

お客さんに、そばを栽培している農家の方を紹介していただいて、良い玄そばが手に入りそうなので、この玄そばを生かしたそばを出したい。

自分の中ではこのそばがかなり良かったので、もう少し詰めて、お店で「手挽き星入りそば」で出す方向で考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。