ひらいはなれ 「手挽き星入りそば」。

いよいよ、はなれのメニューに加えて、「手挽き星入りそば」を出してみようと思います。

玄そばと抜き実を半分ずつにして、全粒粉の、つなぎを二割入れた、二八そばにします。

ただ、最近、そばが香らない。

味はおいしいと思いますが、香りが弱い。

玄そばはいいものを使っていると思いますが、原因は石臼かな。

この辺はちゃんとしなくては。

つゆは、はじめは、今まで通り、もりそばのつゆを使います。

いずれ変えてみたいと思います。

”そば”も”つゆ”も、お客さんの反応を見ながら、名前負けしないように、少しずつ良くしていくつもりです。

手挽き星入りそば。

”星入り”の意味は、そばにそば殻が入っていることを、星を飛ばしたようだ、とか、星を飛ばす、などと言うので、星入りそば。

星入りそば、アップ。

他にも候補があって、「星降るそば」。「満天の星空そば」。

私の星空を愛する、ろまんちっくな一面が垣間見えてしまいましたが、ちょっと盛りすぎ?と思って、控えめに「星入りそば」にするつもりです。

以前は、まだ明け方の暗いうちから、秩父市の羊山公園に犬の散歩に行ってました。

羊山公園は明け方によく流れ星が見れるんです。

というわけで、”星降る街”の「星入りそば」。

はなれのメニューを変えて、これでだいぶ二八とイメージが分かれてきました。

もりそばだけが一緒です。

手挽きのそばは、どちらも二種類、違うものを出してます。

はなれに「みみそば」を加えて、サイドメニューも変わります。

天ぷらの盛り合わせも中身が違います。

ランチの種類も違います。

ずいぶん良くなってきたんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。