そばの太打ちに挑戦!

今日は、お客さんからご要望がありました、太いそば、そばの太打ちに挑戦してみました。

普段は、細く長くを意識してそば打ちをしていますが、太く長くは、今まであまり意識したことはありませんでした。

太く...、なかなか難しい問題です。

とりあえず一度やってみます。

玄挽きのそばをつなぎを2割入れて、二八で打ってみます。

玄挽きのそば粉で打つのは、難しいですが、なんとかつながりそうです。

抜き実で二八は問題なくつながります。

いざ本番、お客さんに試食してもらいます。

抜き実の二八の太打ち、当店で出してる星入りそばの少し太打ち、玄挽きの太打ち、3種類を出しました。

抜き実の二八の太打ちは、何が悪いということではなく、食べられないことはありませんが、食感とのどごしが、いまいちでした。

抜き実、太打ち。

抜き実のそばは、多少細打ちのほうが、おいしくなりそうです。

次の、星入りそばは、太打ちでもおいしくできましたが、太すぎない方がいい気がします。

星入りそば、太打ち。

星入りそば、うまい。食べやすい。

そして、何よりも、今回の収穫は、玄挽きの太打ちが、うまかった。ビックリするほど。

玄挽き、やや太打ち。

太打ちというほど太くはなかったですが、やはり玄挽きは太打ちのほうが合う気がします。

ところが、これで終わりではなく、ここからが、たたかいの、始まりでした。

もっと太いそばを要望されました。

うどんみたいに太いそばを、と。

なるほど。

再び挑戦です。

玄挽き、5㎜。

前回のそばは、2㎜角くらいでした。

1㎝だと太すぎると思い、5㎜角で切ってみます。

玄挽き、太打ち。

茹で時間8分くらい。

6分だと、生っぽく、10分だと、茹ですぎに感じます。

長時間茹でると、茹ですぎて、のびてしまう、ということではなく、味が抜けてしまう感じです。

そばがお湯に溶け出して、なんてことを聞きますが、ふと、そんなこともあるのかなと思いました。

普段、当店のもりそばは30秒ほどしか茹でないので、長時間茹でると、今まであまり感じたことのなかった味と食感になる気がします。

なんでもやってみるもんだと思いました。

玄挽き、太打ち。

これが、結構、衝撃的な味わいでした。

もぐもぐ、酒のつまみに合いそうです。

まさしく、「ひらい」じゃないと食えないそばだろう、どう?

ちなみに、3回目の試食会は、平打ちにしてみました。

うちの田舎そばの3倍くらい!

玄挽き、平打ち。

これも良かったです。

今回はすべて二八でやりましたが、十割でやってみてもらいたいという要望がありましたので、次回挑戦してみます。

太打ちだと十割でもつながるかな?失敗覚悟で。

今回感じたこと、蕎麦は味と香り?いやいや、なにをおっしゃいますか。

蕎麦は食感とのどごしでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です