「硬水」と「軟水」の違いについて考える。

今日は、「硬水」と「軟水」の違いについて、考えてみました。

硬水の代表はフランスの”コントレックス”。

コントレックス。

コントレックス、硬度1475mg/L、日本では300mg/L以上が硬水ですから、すごい、非常な硬水です。

硬度102mg/Lの中硬水、毘沙門水と比べてみました。

左がコントレックス、右が毘沙門水。

コントレックスと毘沙門水を、飲み比べしてみました。

コントレックスは、舌に残る感じがして、重く感じます。

毘沙門水は、何も引っかからずに、すっきりのどを通っていきます。

味も毘沙門水のほうが美味しく感じます。

日本人で秩父在住なので、毘沙門水が美味しくて、これは明らかに違います。

差が出るのがご飯で、米を炊いた時に、わかりやすく味が変わるらしいので、やってみました。

左がコントレックス、右が毘沙門水。

コントレックスのほうは、ぱさぱさして、歯ごたえがある気がします。

硬水に多く含まれるカルシウムが、食物繊維を硬化させるそうです。

毘沙門水のほうは、しっとりした食感やほのかな甘味があって、米の香りも、味も、それぞれ違うのが分かります。

緑茶は硬度が高い方が旨味が抽出されにくく、硬度が低い方が香りが抽出されにくいそうで、旨味を味わう緑茶(日本茶)は、硬度が低い軟水が適しています。

それに対して、香りを楽しむ中国茶や紅茶は、硬度が高い硬水が適しています。

コーヒーは硬水が適していて、酸味が強く引き立ちます。

カルシウムが多く含まれると、苦味をやわらげて、マグネシウムが多いと渋味や苦味が強く出るみたいです。

硬水は、シチューなど、肉を使った料理で使われることが多く、灰汁を抜き出す効果があります。

軟水はだしやお茶、米を炊くことなどに適しています。

先人たちは、科学的にわかってやっていたわけではなくて、昔から少しずつ培われてきた知恵や工夫で、その土地の水が、その土地に合った料理や飲み物に合うことを理解していて、使われてきているのだと思います。

昔の人の知恵と経験はすごいです。

見習わなければなりません。

次回は硬水と軟水を使って、だしをとってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です